ネットワークエンジニアが学ぶAWS

ネットワーク構築のインフラSEがAWSについて学んでいく過程を記事にしていきます!

フリーランスエンジニアとして初めての確定申告(青色申告/簡易簿記)

約 10 分
フリーランスエンジニアとして初めての確定申告(青色申告/簡易簿記)

こんにちは、カワタン(@success_aws)です。

2月も中旬を過ぎていよいよ確定申告の時期になりましたね。私も去年の年末からフリーランスのエンジニアとして独立し、今回初めて確定申告を行いました。実際にやってみると、会計ソフトなどを使わなくても国税庁のホームぺージから簡単に資料を作ることができました(青色申告の簡易簿記で作成)。僕自身書き方など不明な点が多くあったので、フリーランスとして独立したエンジニア向けにやり方をお話させていただきます。

確定申告の種類

まずは始めに確定申告の種類からご説明させていただきます。以下の表に示すとおりに、確定申告には3つの種類があります。
青色申告と白色申告の違い白色申告は、最も一般的なもので一番書き方がわかりやすいです。ただ、フリーランスとして自分で事業をする方であれば青色申告にした方が得られるメリットが大きいです。
青色申告には簡易簿記形式と複式簿記形式と2つの種類があります。複式簿記が65万円もの控除(#1)を受けられるメリットがありますが、確定申告の資料作成には会計ソフトが必要になります。私自身、フリーランスとして確定申告をするのが初めてだったこともあり、今回は青色申告の簡易簿記での申請を行いました。その手順を説明します。

#1 税金がかかる金額を減らすことができる項目

青色申告で確定申告をする際には、事前に2種類の書類を税務庁に提出しておく必要があります。

青色申告をするために事前提出が必要となる書類
・開業届(https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/04.htm
・ 所得税の青色申告承認申請書(https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/09.htm

開業届に関してはいつでも提出することができますが、青色申告承認申請書に関しては提出の時期は下記があります。

青色申告承認申請書の提出期限
・開業してから2か月以内
・青色申告を提出したい年の3/15まで(2018年度分を青色申告にしたい場合は2018/3/15までに提出)

上記のいずれかの期間で提出をする必要があります。今回の記事では、青色申告承認申請書を提出している方向けに、青色申告の簡易簿記での確定申告の作り方を説明していきます。

確定申告の手順

今回は会計ソフトなどは使用せず、国税庁のホームページで確定申告の資料作成を行いました。青色申告の簡易簿記で確定申告する場合には、下記の手順で書類を作成していきます。

確定申告作成手順
① 必要な書類を準備
② 青色申告決算報告書を作成
③ 所得税の確定申告書を作成
④ 税務署に書類を提出

それでは順を追って進めていきましょう。

青色申告決算報告書の作成

まずは必要になるものを準備します。

確定申告で必要になるもの
・ 退職した職場の源泉徴収票(年度の途中で退職した方のみ)
・ 現在の職場の源泉徴収票
・ 使用した経費がわかる明細や領収書

国税庁のホームページで確定申告の書類作成を行っていきます。下記のURLにアクセスして[新規作成]をクリックします。
※作成途中のデータを保存しておいて後から再開することもできます。その際には[保存データを利用して作成]をクリックしてください。

国税庁ホームページ
https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl国税庁の確定申告HP
[印刷して書面提出する]をクリックします。
※e-Taxを利用するにはICカードリーダもしくは税務署発行のID・パスワードが必要になります。カードリーダを持っていないのであれば手間はあまり変わらないので書面提出をオススメします。書面での確定申告作成
動作環境を確認して[利用規約に同意して次へ]をクリックします。国税庁の確定申告コーナー(環境確認)国税庁の確定申告コーナー(利用規約に同意)
[平成30年分の申告書等の作成]をクリックして、表示されるメニューから[決算書・収支内訳書]をクリックします。国税庁の確定申告コーナー(作成書類選択)
[作成開始]をクリックします。決算書の作成開始
以下の通りに選択して[入力終了(次へ)]をクリックします。

入力項目
国税庁 確定申告書等作成コーナー: ● 印刷して郵送等で提出する。
作成する決算書・収支内訳書の選択: ● 青色申告決算書を作成する。

青色申告決算書及び郵送の選択
青色申告決算書(一般用) 「営業等所得がある方はこちら」の下にある[入力する]をクリックします。青色申告決算書の入力開始)

「決算書(一般用)の入力」の画面が表示されます。入力画面の構成として、大きく分けて利益/経費/各種引当金・準備金等の3種類に分割されています。青色申告決算書の概要説明

まずは、売上を入力していきます。[売上(収入)金額]をクリックします。青色申告決算書の売上入力

月ごとの収入額を入力していきます。現在の職場からもらった源泉徴収票を元に、源泉徴収される前の金額を入力して[入力終了(次へ)]をクリックしてください。
※退職した職場の源泉徴収票は後ほど使用しますので、こちらには入力しないでください。
各月ごとの売上入力

続けて経費を入力していきます。各項目に当てはまる金額を入力してください。
※フリーランスエンジニアとして関係しそうなもののみ記載しています。

経費項目
租税公課:税金で経費にできるもの(詳しくはこちらを参照してください)
水道光熱費:事務所で使用した水道代や電気代
旅費交通費:事業のために支払った交通費
通信費:事務所で使用したインターネット回線費など
接待交際費:事業に関する人間関係構築のための費用
消耗品費:事業で使用する文房具や用紙などの消耗品の購入費
減価償却費:事業で使用するために使用したものを耐用年数で割って費用として計上できる(詳しくはこちらを参照してください)
地代家賃:事務所の家賃(自宅が事務所の場合には事業の割合分のみ経費にしてください)
税理士の報酬:依頼している税理士にかかる費用
雑費:上記以外で事業のために必要となった経費

青色申告決算書の経費入力
地代家賃に関しては、[地代家賃]をクリックして下記を参考に入力してください。[入力終了(次へ)]をクリックします。

地代家賃
支払先の住所:家賃を支払っている相手や管理会社の住所
支払先の氏名:家賃を支払っている相手や管理会社の名前
賃貸物件:借りている物件の名称
権:礼金など将来的に返還されない費用
更:契約更新料
賃:払った家賃の総額
必要経費算入額:経費として計上する額

青色申告決算書の地代家賃入力地代家賃の詳細入力
続けて各種引当金を入力します。フリーランスエンジニアとして関係がある項目は、「専従者給与」です。これは、親族のうち事業に協力してくれた人に払った金額を入力します。[専従者給与]をクリックして必要事項を入力してください。青色申告決算書の各種引当金入力

これで必要な項目の入力は完了となります。再度入力した内容を確認して[入力終了(次へ)]をクリックしてください。
青色申告決算書の入力項目確認

控除前の所得金額が表示されます。内容を確認して[入力終了(次へ)]をクリックしてください。青色申告決算書の所得金額確認

青色申告として受ける控除を選択します。下記の通りに入力して[入力終了(次へ)]をクリックしてください。

入力項目
青色申告特別控除額:10万円
決算書等作成コーナーで貸借対照表を~: ● 作成しない

青色申告決算書の控除額選択
表示される内容を確認して[次へ]をクリックしてください。青色申告決算書の控除後所得確認

納税者の住所に関する情報を下記の通りに入力して[申告書等作成終了 次へ]をクリックします。

住所・氏名等の入力
1  納税地: ● 住所
【住所情報】2 ~ 4に自宅の情報を入力
【事業所情報】5 ~ 7に事業所の情報を入力
8  提出先税務署:「→管轄の税務署を調べる」から自分の管轄にある税務署を調べて入力
9  カナ氏名:自分のカナ氏名を入力
10 漢字氏名:自分の漢字氏名を入力
11 整理番号:「→この番号を入力してください」を参照して入力(不明であれば空欄)
12 提出年月日:空欄で提出する時に記載しましょう青色申告決算書(一般用・不動産所得用・現金主義用)・収支内訳書(一般用・不動産所得用)を作成される方
1  業種名又は職業:システムエンジニア
2  屋号:開業届に記載したものと同じもの
3  加入団体名:空欄

青色申告決算書の住所情報入力青色申告決算書の事業所情報入力青色申告決算書の事業情報入力

作成した資料を印刷するための画面に移ります。全ての帳簿にチェックがついていることを確認して[帳簿表示・印刷]をクリックしてpdfファイルを保存します。
青色申告決算書の印刷
保存したファイルを確認後、[印刷終了 次へ]をクリックします。青色申告決算書の印刷終了

[入力データを保存する]をクリックして.dataファイルを保存します。このファイルは来年以降の確定申告で使用できるファイルなので、保存しておき来年以降に活用しましょう青色申告決算書の入力データ保存

続けて[所得税の確定申告書を作成する]をクリックします。
所得税の確定申告書・作成画面へ

データの引継ぎ確認画面が表示されるので[はい]をクリックしてください。所得税の確定申告書・作成確認

所得税の確定申告書の作成

引き継がれる情報を確認して[作成開始]をクリックします。所得税の確定申告書・作成開始

「事業所得(営業・農業)」の隣にある[訂正・内容確認]をクリックします。所得税の確定申告書・事業所得の訂正

青色申告決算書で計算された事業所得の金額が表示されるので内容を確認します。所得税の確定申告書・事業所得の確認

源泉徴収されている収入の内訳入力」に現在の職場から受け取った源泉徴収票の情報を入力します。を入力して[入力終了(次へ)]をクリックします。所得税の確定申告書・事業所得における源泉徴収の入力

続けて、退職した職場から受け取った源泉徴収票を入力します。「給与所得」の隣にある[入力する]をクリックします。所得税の確定申告書・給与所得の入力

左に源泉徴収票が表示される入力画面に移るので、退職した職場から受け取った源泉徴収票に記載の通りに入力していきます。
所得税の確定申告書・給与所得の詳細入力
入力が終了すると確認画面が表示されるので、内容を確認して[次へ]をクリックします。
所得税の確定申告書・給与所得の入力確認
他にも該当する項目があれば入力して、[入力終了(次へ)]をクリックします。

所得控除額の入力画面に移るので、当てはまるものを入力していきます。フリーランスエンジニア全員には当てはまる項目としては、「社会保険料」があります。国民健康保険や国民年金基金で納付した額を入力することで控除を受けることができます。
「社会保険料控除」の隣にある[訂正・内容確認]をクリックします。所得税の確定申告書・社会保険料の入力

下記の通りに項目を追加して、納付した金額を入力します。

社会保険料の種類
・国民健康保険 :支払った額を入力
・国民年基金  :支払った額を入力

所得税の確定申告書・国民健康保険/国民年金基金の入力
他にも該当する項目があれば入力して[入力終了(次へ)]をクリックします。所得税の確定申告書・所得控除の入力確認

控除税額の入力画面に移ります。フリーランスエンジニアとしての共通項目は無いので、該当の項目があれば入力して[入力終了(次へ)]をクリックします。所得税の確定申告書・税額控除の入力所得税の確定申告書・社会保険料の入力確認

最終的な確認画面に移ります。内容を確認して[次へ]をクリックします。所得税の確定申告書・還付金額の確認所得税の確定申告書・還付金額の確認終了
住民税・事業税に関する項目の入力画面に移ります。[住民税・事業税に関する事項]をクリックします。所得税の確定申告書・住民税の入力

フリーランスエンジニアの共通項目としては、住民税を自分で納付する選択をします。下記の通りに入力して、他に該当の項目が無ければ[入力終了(次へ)]をクリックします。

入力項目
1 給与・公的年金以外の所得がある方の入力項目: ● 自分で納付

所得税の確定申告書・住民税の自分で支払方法所得税の確定申告書・住民税の入力内容確認
住民税・事業税に関する項目の画面に戻るので、[入力終了(次へ)]をクリックします。
所得税の確定申告書・住民税の入力終了
還付金額が表示されるので正しいか確認してください。受け取り方法を選択して、口座情報を入力後に[入力終了(次へ)]をクリックしてください。所得税の確定申告書・還付金受取方法の詳細入力

自身の情報を入力する画面に移ります。各項目に自分の情報を入力して[入力終了(次へ)]をクリックします。所得税の確定申告書・氏名の入力

納税地や整理番号を入力する画面に移ります。青色決算書と同じように必要な情報を入力して[入力終了(次へ)]をクリックします。所得税の確定申告書・住所の入力

マイナンバーを確認して入力して[申告書等作成終了 次へ]をクリックします。所得税の確定申告書・マイナンバーの入力

注意画面が表示されますが、[OK]をクリックして次の画面に進みます。所得税の確定申告書・マイナンバーに関する警告

作成した申告書の印刷画面に移ります。全ての帳簿にチェックがついていることを確認して[帳簿表示・印刷]をクリックしてpdfファイルをダウンロードします。

所得税の確定申告書・印刷所得税の確定申告書・印刷書類の選択

ダウンロードの確認後に[次へ進む]をクリックします。

所得税の確定申告書・印刷の終了

[入力データを保存する]をクリックして.dataファイルを保存します。このファイルは来年以降の確定申告で使用できるファイルなので、保存しておき来年以降に活用しましょう所得税の確定申告書・入力データの保存

データを保存したら最後に[終了する]をクリックして画面を閉じます。所得税の確定申告書・作成の終了
以上で申告書の作成は終了です。後はダウンロードしたpdfファイルを印刷して必要な書類を揃えて税務署に提出しましょう。

まとめ

確定申告は初めてだとわからないことも多く不安になりますよね。しかし実際にやってみると案外簡単に作ることができます。申告することで正社員の時に多く払った税金を取り戻したり、赤字分を繰り越して翌年の税金を軽減することできるのは魅力的ですね。
終了画面にも表示されていますが、確定申告の提出期限は2/16(土)~3/15(金)です。忘れずに提出しましょう。

何か不明点などありましたら、↓のLine@から質問いただければお答えします。気軽にご連絡ください!

エンジニア向けの資産形成情報を発信中!

将来にお金を残していくための情報発信をしています。友だち登録をしてくださった方には、資産形成の記事を閲覧するためのパスワードもお教えてしてますので、気になる方は下記から登録お願いします(^^)
AWSの資格を取りたい方向けに僕が合格した過去問レポートもプレゼントしています!

友だち追加

About The Author

カワタン
3年半インフラエンジニアとしてネットワーク運用/構築に携わってきましたカワタンです^_^AWSのことを知ってから、このサービスが大好きになって現在猛勉強中です(*^^*)
AWS専門家になって月収150万目指してます!!!
Follow :

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。

  1. […] ●フリーランスエンジニアとして初めての確定申告(青色申告/簡易簿記) (ネットワークエンジニアが学ぶAWS)  私は今年からfreeeからMFに乗り換えた。 […]

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)