ネットワークエンジニアが学ぶAWS

ネットワーク構築のインフラSEがAWSについて学んでいく過程を記事にしていきます!

【5分で簡単】Amazon Lightsailを使ったWordPressブログの作成

約 5 分
【5分で簡単】Amazon Lightsailを使ったWordPressブログの作成

こんにちは、カワタンです。

Amazon Lightsailを使って仮想サーバを作成して、Wordpressのwebサイトを作ってみたので、作成手順をご紹介していきます(VPSって何?という方はこちらをご覧ください)。

Amazon lightsailとは

「AWSユーザがすぐに手軽に自分だけの仮想サーバを持てるようにしよう」との考えで生まれたサービスが「Amazon Lightsail」です。以下のような特徴を持っているサービスです。

・数クリックで手軽に始められること
・月額3.5$(400円くらい)からの低価格で始められること

Lightsailを利用することで、自分だけの仮想サーバを作成して、webサイトを簡単に作ることができます。AWSで仮想サーバと言えば、Amazon EC2を思い浮かべる方もいると思います。僕も初めてLightsailを知った時には「EC2と何が違うの?」と困惑しました笑
ざっくりと違いを説明すると、「EC2よりも簡単にwebサイトを作ることができる仮想サーバ」です。まず料金面で課金の方法が異なります。EC2は従量課金制なので、サーバを使用した分だけ料金が請求されます。比べてLightsailは、月額制で決まった料金のみが請求されます。EC2を使っていて感じる悩みの1つが、毎月いくらかかるか月末までわかりません。その点、Lightsailは固定の月額日での課金となるため、支払う額が明確です。
次にEC2と比較したLightsailのメリット/デメリットをまとめました。

メリット
・仮想サーバを簡単に短い時間で作ることができる
・TB単位までインターネット転送料金不要
・DNSサーバ機能を持っている

デメリット
・アクセス端末の細かい設定ができない(OS側で設定は可能)
・仮想サーバを停止していても課金される
・配置するVPCを指定することができない

Lightsailは、wordpressなどのwebサイトを作るときに必要となるソフトウェアや設定を、あらかじめ投入しておいてくれます。そのため、EC2よりも手軽に自分のwebサイトを作ることができるサービスです。

Lightsailを利用したwebサイトの作り方

まずは[AWS マネジメントコンソール](https://aws.amazon.com/jp/console/)にログインします。
IAMユーザによるAWSサインイン画面
『AWSマネジメントコンソール』画面に移るので、「サービス」メニューから「Lightsail」をクリックします。
AWSマネジメントコンソール(Lightsail選択)
初回アクセス時には、『言語の選択』画面に移るので「日本語」を選択して「Save」をクリックします。
Lightsail初期アクセス画面(言語の選択)
日本語で『Lightsailへようこそ』画面に移るので、「では、始めましょう」をクリックします。
Lightsail初期アクセス画面(インスタンス作成)
『インスタンス作成』画面に移るので、下記の通りに入力して「インスタンスの作成」をクリックします。

入力項目
・インスタンスロケーション:東京、ゾーンA(デフォルトのままでOK)
・インスタンスイメージの選択
プラットフォームの選択:Linux/Unix
設計図の選択:アプリ+OS - WordPress
・インスタンスプランの選択:$3.50
・インスタンスの識別:(デフォルトのまま)

Lightsailインスタンス作成画面(ロケーション、OSイメージの選択)
Lightsailインスタンス作成画面(Wordpressアプリの選択)Lightsailインスタンス作成画面(インスタンスタイプの選択)Lightsailインスタンス作成画面(インスタンス名の入力)
『Lightsailマネジメントコンソール』に移るので、作成したインスタンスが表示されていることを確認して「ネットワーク」タブをクリックします。
Lightsailマネジメントコンソール(ネットワーク設定画面に遷移)
『ネットワーク』タブに移るので、「静的IPの作成」をクリックします。
Lightsailネットワーク設定画面
『静的IPアドレスの作成』画面に移るので、下記の通りに入力して「作成」をクリックします。

入力項目
・静的IPロケーション:東京、すべてのゾーン(デフォルトのままでOK)
・インスタンスへのアタッチ:(作成したインスタンスを選択)
・静的IPの識別:(デフォルトのまま)

静的IPアドレスの作成静的Iアドレスの作成(アタッチするインスタンの選択)
『静的IPアドレスの詳細』画面が表示されるので、インスタンスにアタッチされていることを確認して、「(作成したインスタンス名)」をクリックします。
静的IPアドレスの詳細画面
『インスタンスの詳細』画面に移るので、「SSHを使用して接続」をクリックする。
Lightsailインスタンス詳細(sshログイン)
『ターミナル』画面に移るので、下記の通りにコマンドを入力します。パスワードをメモしておきます。(wordpressのログイン画面で使用します。)

<span style="font-size: 12pt;">cat bitnami_application_password
</span>

Lightsailインスタンスssh接続画面

パスワードをメモした後にインスタンスからログアウトします。下記コマンドでログアウトした後にターミナルの「×」ボタンをクリックして画面を閉じてください。続けてwordpressの管理画面にログインします。別タブか別ウィンドゥで下記URLにアクセスして、ログイン情報を入力後に「Log in」をクリックします。

ダッシュボードへのログイン方法
http://<アタッチした静的アドレス>/wp-admin/
Username or Email:user
Password:<先ほどメモしたパスワード>

Wordpressログイン画面
『Wordpressダッシュボード』画面に移れば、wordpressへのログイン完了です。Wordpressダッシュボード画面

まとめ

Amazon Lightsailは、webサイトを作ろうと思っているユーザの手間を最小限まで減らしたサービスです。画面の指示に従ってクリックしていくだけで、驚くほど簡単にwebサイトを作ることができます
「とりあえずAWSを触ってみたい」
「月額の利用料金がわからない不安を感じたくない」
と思っている方は、Lightsailで自分だけの仮想サーバを作ってみてください。

次回は、Lightsailでのセキュリティやドメインの設定など細かい内容を説明していきます。しっかりwebサイトを作りたい方は続けて読んでみてください。

エンジニア向けの資産形成情報を発信中!

将来にお金を残していくための情報発信をしています。友だち登録をしてくださった方には、資産形成の記事を閲覧するためのパスワードもお教えてしてますので、気になる方は下記から登録お願いします(^^)
AWSの資格を取りたい方向けに僕が合格した過去問レポートもプレゼントしています!

友だち追加

About The Author

カワタン
3年半インフラエンジニアとしてネットワーク運用/構築に携わってきましたカワタンです^_^AWSのことを知ってから、このサービスが大好きになって現在猛勉強中です(*^^*)
AWS専門家になって月収150万目指してます!!!
Follow :

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)