ネットワークエンジニアが学ぶAWS

ネットワーク構築のインフラSEがAWSについて学んでいく過程を記事にしていきます!

らくらく管理のための階層!開発&運用監視

約 5 分
らくらく管理のための階層!開発&運用監視

今回は構築完了後に、管理にかかる手間を減らすためのカテゴリが集まっている「開発&運用監視」の階層に関して説明していきます。

クラウド環境は、どう運用していくかによって必要になる手間やコストが大きく変わります。AWSでは、この運用管理を簡易化するサービスが多く揃っています。また、何か機能を加える開発をしたいという要望にも応えるため、アプリ開発を支援するサービスも多くあります。今回は、Amazonがどういった観点で運用管理/開発のサービスを用意しているのかを紹介していきます。

モニタリング

作成したクラウド環境内の状態を監視して表示するためのカテゴリです。運用管理を考える際には、まずクラウド環境内のサービスの状態を把握する必要があります。具体的には下記のようなポイントです。

・CPU使用率はどうか
・正常に通信できているか
・設定通りに負荷分散されているか

これを把握しておくことで、何かクラウド環境内で不具合が生じた際に、素早く障害箇所を特定することができます。そういった、運用監視の肝となるクラウド環境内における状態監視&視覚化のサービスが属しているのがこのカテゴリです。

認証

クラウド環境内でユーザごとの権限を設定して管理するためのカテゴリです。大企業などの規模が大きい組織では、クラウド環境にアクセスするユーザが多くいます。そこで、ユーザ毎に権限を設定してアクセスするサービスを制限することが求められます。例えば下記のように、ユーザの種類ごとにアクセス権限を制限します。


ユーザの属性ごとにアクセスできる範囲を制限することにより、管理外のサービスにアクセスして誤って設定を変更してしまう事態を避けることができます。このように、ユーザごとにアクセス権限を設定して管理するサービスが属するのがこのカテゴリです。

Web管理画面

クラウド環境の状態を、インターネットエクスプローラやGoogle chromeなどのWebブラウザで見やすくして、直感的に操作できるようにするためのカテゴリです。AWSを代表としたクラウドサービスが使いやすい要因として、新しくソフトウェアをインストールしたりする必要がなく、webブラウザだけでクラウド環境の操作ができるところです。このwebブラウザで直感的にAWSのクラウド環境を操作するためのサービスが属するのがこのカテゴリです。

デプロイ&自動化

クラウド環境の構築を自動化するためのカテゴリです。まず、「デプロイ」とは新しく何かを利用可能な状態にすることを指している言葉です。AWSでは、使いたいサービスをクラウド環境に配置/設定して初めて使うことができるようになります。しかし、このデプロイするサービスが例えば100個以上あって同じ作業を繰り返さなければならない、となったら操作する人は大変ですよね(^^;
そこでAWSでは、ユーザに対してデプロイを自動化するサービスを提供しており、このカテゴリに属しています。

IDEプラグイン

開発に必要な環境を、サービスに組み込むためのカテゴリです。そもそも「IDE(統合開発歓環境)」とは何かについて説明します。新しくソフトウェアを開発しようとした際には、下記の工程を踏んで開発を行います。

・コードを書いて動作するプラグラムを作る
・作ったプラグラムを実行する
・実行結果をテストする

それぞれの工程を踏むために、色んな道具(ツール)を用意する必要がありますが、このツールを別々に準備して開発するための環境を整えていくはかなり大変です。そこで、開発に必要になるツール群をひとまとめにしたものがIDEです。AWSでは、開発したいサービスにこのIDEを組み込むことができる機能を提供しており、このカテゴリに含まれています。

ライブラリ&SDKs

開発に必要となるものをまとめて提供するためのカテゴリです。「開発環境を整えるためのカテゴリ」と説明すると、「IDEと一緒じゃん!」と僕も感じました笑
IDEもSDKも開発を支援するツールとしては一緒ですが、両者には環境を整える範囲で違いがあります。

IDE・・・サービスに組み込むことで新たに機能を拡張できるように
SDK・・・android用、スマホ用、PC用で個別に開発環境が定義

このように、環境をどの範囲まで用意してくれるかが異なります。これは実際にサービスを使って開発してみると、違いがわかってくると思います。まずは、「環境を用意してくれる範囲が違う」ということだけ押さえていただければ大丈夫です(*^^*)
このように、IDEよりもさらに細かい範囲で開発環境を用意するサービスが属しているのがこのカテゴリです。

開発&運用監視のまとめ

AWSでは、構築したクラウド環境を簡単に管理できるように助けてくれるサービス開発をより簡単にするサービスが多くあります。この階層のサービスを利用することで、より簡単に手間をかけずに運用管理をしていくことが可能です。まずは、どういった観点で手助けするサービスがあるのか観点を抑えましょう!
次回以降で、各カテゴリではどんなサービスがあるのかをさらに深堀りしていきます。

もしわかり辛かった部分や更に不明点があれば、下記フォームからコメント頂くかLineの友達登録をして頂ければと思います。AWSに関する最新情報やSEの方に役立つ情報(イベントや給料アップ転職)の発信も行っています!

友だち追加

エンジニア向けの資産形成情報を発信中!

将来にお金を残していくための情報発信をしています。友だち登録をしてくださった方には、資産形成の記事を閲覧するためのパスワードもお教えてしてますので、気になる方は下記から登録お願いします(^^)
AWSの資格を取りたい方向けに僕が合格した過去問レポートもプレゼントしています!

友だち追加

About The Author

カワタン
3年半インフラエンジニアとしてネットワーク運用/構築に携わってきましたカワタンです^_^AWSのことを知ってから、このサービスが大好きになって現在猛勉強中です(*^^*)
AWS専門家になって月収150万目指してます!!!
Follow :

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)